アルツハイマーに効く治療~物忘れ対策で脳スッキリ~

医者

つらい症状

時代とともに目立ってきた更年期障害

doctor

更年期障害とは、閉経を機にさまざまな体の不快な症状が出てくることです。女性は初潮から女性ホルモンが多く分泌されてきますが、一定の年齢からそれが徐々に減少しだします。そして、閉経を迎えてから女性ホルモンのバランスが大きく崩れてくるので、それに影響する機能が不快な症状となってしまうのです。 このような現象は昔からあることでしたが、更年期障害という症状自体が認めれていない時代もありました。また、平均寿命が今と比べて短かったため、更年期障害の症状に苦しむ人もほとんどいなかったのです。 しかし、平均寿命も延びていき、女性が生き生きと活躍する場が増えるにつれて、更年期障害を訴える女性が増えてきました。それにともなって、それらの治療も行われるようになり、社会でも更年期障害が知られるようになったのです。

どのような症状があるのか

更年期障害がもたらす不快な症状には、イライラや不眠、ほてりや発汗などがあります。その他にも、尿漏れが目立つようになり、うつ病のような精神的な落胆も出てくる場合が多いです。 こういった症状から、更年期障害に気づかない人や周りの理解が得られずに苦しむ人もいます。しかし、今では産婦人科や内科などでこのような症状に対する治療も行われるようになりました。市販の薬も多く発売され、少しでも症状を抑えていくことができるのです。 また、更年期障害を自分で受け止める気持ちも大事で、受け止めることで心もだいぶん楽になってくるでしょう。このような症状を持つ人は50歳代の人が多いですが、症状が辛いのならゆっくり休むことも勧められています。頑張りすぎず、人に頼りながら上手に更年期障害と付き合っていくようにしましょう。