アルツハイマーに効く治療~物忘れ対策で脳スッキリ~

医者

更年期になると

更年期と認知症

doctor

更年期になると、女性ホルモンが減少することによって、さまざまな症状が現れるのですが、「記憶力の低下」も、そのひとつです。最近では、更年期障害の症状が重く、長引くと、認知症の原因のひとつになるともいわれています。高齢者の認知症の人は、女性ホルモンのエストロゲンの量が低下した女性が多いというデータもあるそうです。そういうことから、ホルモン補充療法が認知症防止につながる可能性があるといわれます。 ホルモン補充療法以外では、女性ホルモンに似た成分を含む、食品やサプリメントの摂取がありますが、大豆イソフラボンは、価格的にも求めやすいですし、購入しやすく、お手軽で種類も多く、食品でもサプリメントでもおすすめできます。

サプリメントの役割

大豆イソフラボンの中に含まれる「エクオール」という物質が女性ホルモンに似た働きをすることがわかり、注目が高まっているそうです。この「エクオール」という成分は大豆製品から摂取出来る人と出来ない人がいるそうなので、出来ない人でも、サプリメントからなら簡単に摂れるという利点があります。 そして、この成分により、更年期障害に効果があるばかりでなく、美容面でも、肌の弾力性を改善したり、抗酸化作用によって、血管の健康を保つなどの、エイジングケアとしても人気があります。 このほか、認知症を改善するサプリメントに、イチョウ葉や、EPA、DHAの必須脂肪酸を含んだサプリメントなどは、動脈硬化を防ぎ、記憶力、集中力をアップさせるといわれています。