アルツハイマーに効く治療~物忘れ対策で脳スッキリ~

医者

治療方法について

アルツハイマーの治療の歴史

nurse

アルツハイマーを完全に治療する事は不可能と言われています。アルツハイマーの治療の基本となるのは、物忘れの進行を遅らせる事となります。治療方法として、普及されだしたのは、2011年に貼布剤3種類が認可されてからです。この3種類の新薬により、軽度から重度のアルツハイマーの症状まで、進行抑制効果が期待できるようになりました。薬物療法以外でも、脳を活性化させる事がアルツハイマーには効果的であると言われています。アルツハイマーの治療に効果的な成分として、水素が挙げられます。水素は体中にあり、体内の細胞が錆びさせる活性酸素を中和させる働きがあります。水素のこの働きによって、脳細胞の死滅、脳の委縮を防止する事が期待できます。

趣味、家事、会話を楽しむ事の重要さ

アルツハイマーの進行を防止するためには、積極的に趣味に取り組んだり、家事を行ったりして、脳細胞を活発に働かせる事が挙げられます。音楽を聴いたり、家の庭で植物を育てるといった趣味を持つ事もアルツハイマーの治療に繋がります。また、最もアルツハイマーに効果的な治療は、人と会話をし、会話を楽しむ事です。最近は、一人暮らしの高齢者が増えています。一人暮らしをすると、つい家に引きこもってしまいます。このような環境では、アルツハイマーが進行してしまいがちになります。国や地方自治体は、このような状況を回避するために、高齢者がアルツハイマーにならないような取組み、進行させない社会を実現していく事が重要になります。