アルツハイマーに効く治療~物忘れ対策で脳スッキリ~

医者

治療方法について

nurse

アルツハイマーの治療の基本となる事は、物忘れの進行を遅らせる事です。近年は、薬物療法も活発になってきました。また、水素は、脳細胞の委縮を防止する等効果があると言われています。また、趣味を楽しむ、家事を行う等も治療に繋がります。人と会話を楽しむ事が最も効果のある治療方法となります。

Read More

更年期になると

doctor

更年期になって、「記憶力の低下」が見られるようになったといっても、それがそのまますぐ、認知症になるということではありません。ですが、脳によい栄養を与えるためにサプリメントなどを活用したり、脳に刺激を与えることなどで、認知症を予防できれば積極的に取り入れたいですね。

Read More

つらい症状

doctor

閉経を迎えてから、更年期障害を体験する女性は多くいます。それらは、イライラや不眠などの辛い症状を引き起こしてしまうので、充分な休息や治療などで症状を抑えていくことが大切です。平均寿命が長くなった今、女性がいつまでも元気で輝いていくために、更年期障害への肯定的な受け止め方が求められています。

Read More

自律神経失調症の症状

耳鳴りの症状

doctor

自律神経は、活動している時、緊張している時に活発な交感神経と休んでいる時、リラックスしている時に活発になる副交感神経という2つの神経があります。自律神経失調症では、この2つの神経のバランスが崩れます。自律神経失調症の症状の一つに、耳鳴りがあります。自律神経失調症に伴う耳鳴りの症状は、たまに何気なく耳鳴りがする、頻繁に耳鳴りがする、耳の膜が張った感じがするといった症状に進行していきます。自律神経失調症に伴う耳鳴りは、耳鼻科を受診しても、原因が特定できないケースがあります。原因が特定できない場合、自律神経失調症が原因という可能性もあるので、注意が必要です。自律神経失調症が原因の場合、心療内科等での治療が必要になります。

自律神経失調症の治療

自律神経失調症に伴う耳鳴りは、自律神経失調症の治療方法が必要です。耳鳴りの初期症状の場合、抗不安薬、自律神経調整薬の薬物療法が有効な場合があります。また、交感神経と副交感神経のバランスを整える事も耳鳴りの症状には有効です。朝きっちり同じ時間に起きて、決まった時間に寝る。また、3食バランスの良い食事に気をつけ、決まった時間に食事をするといった規則正しい生活リズムで生活する事が、耳鳴りの治療に繋がります。また、足の裏のツボを刺激する事によって、耳鳴りの症状が軽くなる場合があります。足の裏のツボを刺激すると、血流が良くなり、自律神経失調症にも効果的です。足の裏のツボの刺激は、風呂あがり等時間がある時に手軽に行う事ができます。